Garage collections

施工事例


古い物置やガレージのエレガントなリフォーム

今からさかのぼること36年前の1984年に建てられた

古いプレハブ物置の外装をリフォーム。

よくある既製品の6畳プレハブ。

本来なら解体処分されてもおかしくないね。

屋根材が部分的に錆びていたので、錆を落として

シリコン系塗料をヌリヌリ。

外壁と屋根回りの破風の錆も落とし、

下塗りしたうえに

廻りの自然に溶け込むアースカラーを仕上げ塗り。

外壁のアクセントにはダミエ柄を。

いろんなカラーを試してみて一番しっくりくるカラーを採用します。

元々、日本の伝統的市松模様がルイビトンによってヨーロッパに行き

そこからまた、ヨーロッパのモノとして日本に戻ってくる

いわゆる文化の交換。これが面白い。

一般的な塗るだけのリフォームとは楽しさが違います。

単なる物置空間が、他にはない異質なパターンのミックスによって

アートの世界観を提案するサンバレンティノの愛らしい挑戦。

各地でよく見かけるこんな感じのプレハブ物置が

解体されてもおかしくない境遇をさまよいながら

知恵と工夫、持ち前の好奇心を生かして

よりエレガントによりセクシーに生まれ変わらせます。

これから20年は楽しく使えるようになりました。

当社はガレージや物置の新築を提案するだけではなく

世界に誇る「ジャパニーズ・モッタイナイ」の環境保護精神と

ここ数年の激しい気候変動に微力ながら抵抗するスタイルで

躯体のしっかりしているガレージや物置に対しては

エレガントなリフォームを提案していきます。

#ガレージリフォーム #物置リフォーム #リフォーム #ダミエ柄 #エクステリアデザイン